不用品回収業者の賢い選び方 TOP > ページ一覧 > 違法な不用品買取回収業者には注意!

違法な不用品買取回収業者には注意!

違法な不用品買取回収業者には注意!不用品買取回収業者の中には、悪質な回収業者もいるため、不用品回収を依頼する場合には注意が必要です。不用品を回収して、廃棄物として処理することができるのは自治体の許可を得た業者にしかできないことです。廃棄物処理法で定められていることなので、許可されていない廃棄物処理業者は不用品を廃棄することができません。そのため、悪質な回収業者は、廃棄するとだけ言ってお客様の不用品を回収するだけ回収して、その回収代金だけはしっかりともらった上で、不用品を人目につかない場所に勝手に廃棄してしまいます。

こういった業者に多い例として、不用品無料とアナウンスしているから、軽トラでやってきた業者に依頼したのに、回収費用として多額の請求をされたなどの事例もあります。無料といっていたはずだけれども、威圧的な態度で押し切られてしまい、渋々料金を支払ったなどの事例が多発しています。冷蔵庫や洗濯機については、家電リサイクル法で定められているように、必ずリサイクルを行わなければなりません。そして、そのリサイクルを行うにもお金がかかります。

せっかく回収業者に依頼しても、どこか人目のつかない所に捨てられてしまった場合には、不法投棄は排出者の責任になりますから、持ち主が責任を負わなければならないことになります。その場合に、回収業者ではなく、お客様がその廃棄された冷蔵庫や洗濯機を回収しなければならない責任を負うのです。ですから、信頼できる回収業者に頼んで不用品回収を行なってもらうことが大切です。

優良な不用品回収業者を見分けるためのポイントは、許可証を持っているかどうかで判断できます。特に、一般廃棄物許可がされている業者を選ぶようにすることが大切です。一般廃棄物許可は市町村ごとに発行されています。この許可を所持している業者だけが、家庭から出る粗大ゴミ、不用品、廃品を回収することができるのです、認可を取得するためのハードルは非常に高いため、しっかりとした廃棄設備の整った業者でないと認可を取ることはできません。そのため、この許可証を持っている業者には安心して不用品回収を依頼することができます。

ただし似たような許可証があるので注意が必要です。その許可証とは、産業廃棄物許可、古物商の許可です。産業廃棄物廃棄許可証は、企業や工場からでる廃棄物を収集するための許可です。また、古物商の許可は警察は発行する許可です。申請すればほとんどの場合発行されるの簡単に発行されます。不用品回収を依頼する場合には、一般廃棄物の許可を取っているかどうかをしっかりとチェックして、信頼できる業者に依頼するとトラブルを未然に防ぐことができます。