不用品回収業者の賢い選び方 TOP > ページ一覧 > 悪質な不用品回収業者を見分けるポイントとは

悪質な不用品回収業者を見分けるポイントとは

悪質な不用品回収業者を見分けるポイントとは悪質な不用品回収業者を見分けるポイントとは、まずは「廃棄物収集運搬」の許可の有無です。無許可で営業している業者が、トラブルを起こす悪質な不用品回収業者です。書面で許可証を提示してもらうのが良いです。次に、チラシや看板などに無料回収と書いている業者、不用品の無料回収すると言っている廃品回収のトラックです。これらは、回収は無料でも運搬費がかかるなど、後から理由をつけてお金を請求してくる悪質な業者です。原則、不用品回収を無料で行うことはありません。もしも無料で行っている業者がいたら、理由を確認して、最終的に支払う金額を聞き、見積もりを書面に出してもらうのが良いです。

悪質な業者の場合、見積もりと請求額が異なったり、不法投棄をしたり、不用品回収ではない金目のものを持っていったり、部屋の備品を壊したり、さまざまな被害があります。実際に被害にあった人のネット上の口コミは参考になりますが、関係者が書き込んだ偽の情報の場合もあるので参考程度になってしまいます。不法投棄は環境の面でも良くないことなので、利用する側も信頼できる業者を選ばないといけません。

被害に遭わないためには、不用品回収がされる前に、見積もりを必ず確認して、最終的な支払額だと確認しましょう。支払う前には領収書の発行を依頼します。見積もりの総額を合意してから始めない業者は後から金額を上げたり、領収書発行を拒む業者は住所を明らかにできない業者だったりするので、別の業者に頼みます。

トラブルになりやすい不用品は、個人情報が多く入っているパソコンです。データを削除しても復元できてしまうため、処分方法を詳しく確認する必要があります。データの消去証明書を発行してもらうなど、詳しく説明してくれるところを選ぶと良いです。個人で物理的に破壊した場合は、ほとんどの自治体がパソコンなどの家電を回収受け付けしていないので、そういうものでも回収してくれる業者を選びます。また、荷物を運んでもらった時に壁紙を傷つけられてしまったら、誠実な業者なら賠償責任保険に入っています。事前に確認しておくと良いです。

少しでも変だなと思ったら断り、場合によっては警察を呼びましょう。見積もりの内容や、追加請求など納得ができなかったら支払うことはありません。トラブルに巻き込まれてしまったら、時間が経つと解決が難しくなったり、一人で悩んでも解決できないので、すぐに消費生活センターに相談します。今後の相談にのってくれます。これ以上被害が広がらないように、業者名や作業者の人相など忘れずに伝えるのも重要です。