不用品回収業者の賢い選び方 TOP > ページ一覧 > PCを不用品で回収するときに確認したいこと

PCを不用品で回収するときに確認したいこと

PCを不用品で回収するときに確認したいこと

PCはPCリサイクル法の対象になっているので、粗大ゴミとして捨てることはできません。家具などと違い、自治体の粗大ゴミにも回収してもらえないので、回収してもらうには不用品回収業者などを利用する必要があります。PCを不用品回収業者に引き取ってもらう時には、必ずPCの中に入っているデータは消去しておきましょう。消しておかないと、どこかから個人情報が漏れてしまう危険があります。

データを消すには、まず内部データを消去します。ただし、PC画面上でデータを消しただけだと、復元ソフトを使えば簡単に復元されてしまいます。PC上でデータを消しただけで安心せずに、専用ソフトを使って絶対に復元できないように消しておくようにしましょう。これは論理的消去というもので、これをしておけば不用品回収後に個人情報が流出してしまう心配はありません。専用のソフトで内部データを消去しておけばデータの復元はできないのですが、会社の機密情報や口座番号などの重要な個人情報が入っていたPCだと、これでもまだ不安に感じます。

そういう時には、さらにハードディスクを破壊する物理的消去もしておくと安心です。ハードディスクにドリルを使って穴を開けて、読み取り不可能にする方法です。自分でやってもいいですが、専用の機械で物理的消去をしてくれる回収業者もあります。これもまた業者に頼むという点では不安になってしまいますが、それを言っているときりがないので、検討してみましょう。自分で壊したハードディスクは、不燃ごみや資源ごみとして捨てられます。もしくは、バックアップ用のハードディスクとして使うことも可能です。もちろん、PC内のデータは移行してバックアップしておかないと失われてしまうので注意しましょう。引越しツールなどを使えばソフトウェアを丸ごと移行することができます。引越し先がまだない場合は写真や動画はDVDに移す、スマートフォンに移す、クラウドにバックアップを取っておく、などしておきましょう。

不用品回収業者を選ぶ時には、無許可で営業している業者ではないことを確認しましょう。こういう不用品回収業者を選んでしまうと、不法投棄して処理されてしまい、回収に出した本人まで責任が問われることがあるからです。国の認可を受けた業者は産業廃棄物収集運搬業許可番号という表記があります。無料回収だから良さそうと値段だけで選ばないようにしましょう。